筋トレは痩せる目的よりも体のラインを作る目的で!

痩せるということと、きれいなボディラインを作るということは、必ずしもイコールではありません。

ただ痩せるだけなら、食事を摂らなければ済む話。断食とまではいかないとしても、1日1食とか、そういう極端に食べる量を減らせば、体重は落ちるでしょう。

基本的に消費カロリーよりも摂取カロリーが少なければ体重は減っていきます。ただ、これってかなり不健康ですよね。

必要最低限の栄養を摂らないと、自分の体の正常な働きを維持することも難しくなりますので、体に異変が起こることだってありえます。

さらに、食事を極端に減らして痩せた場合には見た目的にも問題が出ます。

肌は荒れ、髪の艶はなくなり、そして何よりもボディラインが崩れる可能性があります。

だから、ダイエットをするときには「食事制限」と「運動」の両方を合わせて行うことが推奨されているんですね。

ジョギングと筋トレならどちらがいい?

運動の代表格というと、ジョギングと筋トレですが、ダイエットに向いているのは一体どちらなんでしょうか。

まず、ジョギングと筋トレは同じ「運動」としてひとくくりにされがちですが、運動の性質が正反対といっていいくらい全然違います。

ジョギングは「有酸素運動」。筋トレは「無酸素運動」。

脂肪を落とすには、有酸素運動が効果的。逆に、筋肉をつけるには、無酸素運動が効果的と言われています。

今の自分の目的に合わせて、どちらをやるか、または両方ともやるかを決めるといいでしょう。

 

それぞれのメリットは?

有酸素運動のジョギングと、無酸素運動の筋トレでは、それぞれ得られるメリットも異なります。

ジョギングを続ければ、脂肪が落ちるだけではなく、心肺機能の向上にもつながります。

筋トレの場合は、筋肉をつけることができるだけでなく、それによって代謝あがり太りにくい体を作ることができます。

また、ボディラインを整える(きれいに見せる)なら筋トレはとても有効。健康的で美しい体を目指すなら、筋トレは取り入れた方がいいでしょう。

筋トレをしたからと言って、そう簡単にムキムキのボディビルダーみたいな体にはなりませんので、そこは安心して大丈夫です(笑)

適度な筋肉は、引き締まって健康そうな印象を与えてくれます。

 

筋トレは痩せるよりボディラインを作る目的で!

体重を落としたり、たっぷりついた脂肪を落とすには、やはりジョギングの方が向いているでしょう。

筋トレをしても、残念ながらそう簡単に脂肪は落ちません。

ただ、筋トレをすることでボディラインを美しく整えることはできますし(むしろ筋トレじゃないとできない)、また、筋肉は代謝量が多いので、長い目で見たときに「太りにくい体」を手に入れることができます。

「それでも筋トレはつらくて続かないんだよね…」という人はサポートグッズを使うのがおすすめ。

筋トレ効率をアップできるようなシャツもありますよ。

話題の「着るだけで筋トレできるシャツ」おすすめランキング!