美しい体づくりのモチベーションには結果を見える化することが重要

美しい理想のボディラインを作るために日々エクササイズを行っている人は多いと思いますが、なかなか結果が出ずに「これは効果ないかも」「あっちのやり方の方がいいかも」なんて目移りをすることはありませんか?

人間どうしても目に見えた結果が出ないとモチベーションを維持することが難しくなるんです。

これは、エクササイズに限った話ではありません。勉強にしても、仕事にしても、結果が見えないことを延々と続けると、最初はマックスだったモチベーションも次第に低下して、そうそうにやめてしまうということになりかねません。

「モチベーションが下がってやめる」を繰り返すことの弊害

この方法では効果が出なさそうだから別の方法をやってみる!と次から次へと手を変え品を変えで挑戦しているうちはまだいいんです。

あれもダメだった、これもダメだったが続き過ぎると、今度は「方法が悪いんじゃなくて、自分がダメなのでは…?」という気持ちになってきます。

つまり、「結局、何をやっても無駄」という諦めの状態に。

どれかひとつの方法をもう少し続けていたら結果が出たはずなのに、途中で「ダメだ、効果が出ない、この方法はやめよう」と投げ出してしまうことを繰り返しているために、結局なにひとつ得ることができないまま終わってしまうんですね。

モチベーションを上げるには、結果を見える化するのが大事

エクササイズをしたからと言って、すぐに見た目に反映されるわけではありません。

筋トレをした翌日に、腹筋が割れるようなことはありませんよね?

でも、それを頭では分かっていても、私たちは成果が目に見えないと「結局成果が出ていないのと同じ」と認識してしまうんです。

なので、まずは結果を「見える化」すること。

たとえば、見た目的にはそんなに変化を感じなくても、体重やボディサイズを毎日必ず計測して、それを数値化して記録するというのはおすすめです。

体重が100gでも減れば嬉しいですし、ウエストが5mmでも減れば「やった感」が出ます。これがモチベーションとなって、よし明日は今日よりももっと減らせるように頑張ろう!という気持ちになるんです。

気持ちというのは大事ですからね~。

ただ、それでも体重やサイズの増減(もちろん、エクササイズをしている間に体重が多少増えることだってありますし、計測の誤差でサイズが増えてしまうことだってあります)に一喜一憂してしまうのであれば、一番簡単な「結果の見える化」はこれ。

加圧インナーでお腹を引き締める

引き締まった体を目に焼き付けると、モチベーションがあがりますよ!